ホーム >>ジャークの独ルーマニアの35ミリメートルの腕時計はまた多く
ジャークの独ルーマニアの35ミリメートルの腕時計はまた多く

スイスからの有名な時計のブランドのジャークの独ルーマニアは近頃多く35ミリメートルだけの優雅なレディースファッションの腕時計を出しました。外形がやはり(それとも)人材(材料)を選んですべて最上の作を称することができるのなのにも関わらず。

実は2012年からジャークの独ルーマニアは35ミリメートルのレディースファッションの腕時計を出しを始めて、かつ多くの人の好感を受けて、このシリーズの最大の特徴は殻の直径の35ミリメートルだけを表すで、パネライコピー時計えこひいきは頃に表示皿は12時に位置を設けて、創意設計が独特の風格があります。

新しく出す35ミリメートルの腕時計は5モデルの異なるバージョンがあって、それぞれ異なる設計でトップクラスの表を作成するブランドのジャークの独ルーマニアの伝奇の表を作成する技術を解釈しました。時計の文字盤は真珠の雌の貝あるいは鉱物の材質に手製で製造するように選び取って、つける時計略動作が独特な色合いを配りだしに従って、細部の中はきらめく彩りを踊りだします。

腕時計は精密な鋼、プラチナのあるいは赤い金の表す殻の材質を採用して、どんな場所あるいはどんな時間がつけるのにも関わらずすべて適切なことに見えて、気前が良いです。ジャークの独ルーマニアの長年の表を作成する精髄を伝承して、その中の2モデルの精密な鋼の腕時計がいかなる時間でつけるのにも関わらずのがすべて女性の優雅な知性が体現しているのを詳しく徹底的なことができます。

1モデルの青い砂金石の円盤はその他に人のLenovoを夜に着かせて、ダイヤモンドを付けてあってきらきら光る星の輪に似通いに飾りを添えて、1条の明るい青い腕時計のバンドはうねうねと続いて限りがない詩情を延びだします。

周知のようにジャークの独ルーマニアの特に可愛がる数字は8で、多くの腕時計の盤面の上で私達はすべてこの数字の独特な設計の元素に関して見ることができました。今回の新作のその中の1の8粒だけ星はきめ細かくてやさしいライトブルーの真珠の雌の貝の時計の文字盤の上で明滅して、人に朝日初めて現在の光景を思い出させます;小屋を表して160粒のダイヤモンドを象眼します。18Kプラチナは表して白色の真珠の雌の貝の時計の文字盤の上で日暉の紋様で扮します。真珠の雌の貝のこのような天然の材質はきわめてもろくて弱くて、その上で紋様に扮して一つの並外れている初めての試みを称することができるのを彫り刻みます:藍鋼のポインターは青いワニの皮バンドと呼応します。

その外、“ルビーの心”のザクロがストレートローズが赤くてと赤い金と殻、インナディスクの輪、ポインターを表してベルトバックルの暖色と調和がとれてい組み合わせて、更に高貴で優雅な米を現します。時計の文字盤は、小屋を表してと耳を表してすべて円形の明るい式を埋め込みしてダイヤモンドの時計のモデルを切断しても貴重な赤い金の材質を採用して、金属と鉱物は完璧に平衡がとれていて、波紋の効果の手作業ロールアップが現れていて緞子の腕時計のバンドの引き立てのもとで更に美感を編みます。



前ページ: FIFAワールドカップブラジル™の公式時計ビッグBang Unicoダブルレトログラードタイマー時計
次ページ: 流行はルイ・ヴィトンを選びます