ホーム >>ロンジン博物館探検する旅表を作成する伝統コーナー
ロンジン博物館探検する旅表を作成する伝統コーナー

ロンジン博物館の表を作成する伝統コーナーはロンジンが精華を表して区が現れると言うことができて、このコーナーで全くロンジンのあの光り輝く過去まで感じることができて、肩を並べる世界のトップクラス名の表す歴史はすべて沈殿してここにあって、表を作成する伝統コーナーの左側は10のショーケースの長い廊下(回廊)を使って、ロンジンを第1枚の時計を生産してから表して、ロンジンに対して発展を表して価値の時計のモデルが1つ1つ展示するのを紀念するのがあります。生産する第1匹の腕時計を含んで、第1匹の時間単位の計算は表して、第1匹の女性は表します。

展示台の上方の壁面の上でロンジンが1832~2012年の180年の編年史から表すのです。1832年にオーガスト・アガシがアガシ会社を創立してから、アガシの甥のブランドスーパーコピーアーネスト・1852年まで弗蘭西昂は会社に参加しないで、1867年に初制表工場はずっと1983年まで“Longines”、Nicolas G.と創立して命名させられます Hayekは今なおSMHグループ(スウォッチグループの前身)を創立します。180年の表を作成する史詩がロンジンの表す成長、を目撃証言しているのは熟していて光り輝きます。

表を作成する伝統コーナーがまた(まだ)陳列していてロンジンが康とCassのシリーズの腕時計(1954)を表しを含む、ロンジンが軍旗のシリーズの腕時計(1957)を表す、最後に1モデルの手製で作るL990の機械的なチップ(1977)、ロンジンが青黒色のゆったりしているウィーナーのシリーズの腕時計(1997)とロンジンを表して抵当に入れてシリーズの腕時計(2003)などを隠しを表すは数百時計算します。これらがモデルを表すのはロンジンの表すとてもすばらしい代表でないものはなくて、画像の上のこれらを見ていてモデルを表して、すぐ今日に置き、トップクラス名に位置して表すです。

前で、恐らくロンジンに対してトップクラス名に位置して表して判断を保留してことがあって、このごろのロンジンのため、表を作成する技術がきんでていますが、しかしいくつかの大きくて複雑な機能の腕時計がなくて、しかもいくつかトップクラス名と1段のギャップが表すかあって、しかし、表を作成する伝統コーナーの時計スーパーコピーチップ板を見たことがあった後に、ロンジンに対してトップクラス名に位置して表して深く信じて疑わなくことがあって、もしもスウォッチグループの位置付けの問題ではなくて、私は今のロンジン依然として腕時計の1期のトップがありを信じる理由があります。ただ一回のロンジン博物館に来て、やっとロンジンの表したのが光り輝きを知っています。

これはロンジンが世界各地での博覧会などの一連の展覧の中獲得した賞を表すので、その時に最も称賛させられた時計のブランドだと誉められて、これぐらいの表彰メダルは最も良い説明で、これらの賞のは獲得して、ロンジンも市場での普及に引き続き用いて、更にいくらでもあってその時の広告の宣伝の方面に用いて、シカゴの1893、ジュネーブの1896など、全く想像する当時のロンジンまで(に)ことができて、絶対に多いブランドの模範です。



前ページ: HOYAはモナコのシリーズの全く新しいFull Black を出します
次ページ: ロンジン博物館は探検するのは旅がとを表すのが優雅です