ホーム >>ブルガリはシンガポールでSave The Children を催します記者会見
ブルガリはシンガポールでSave The Children を催します記者会見

数年間ずっと慈善事業のブルガリのブランドは今月に9日またシンガポールの逸品専売店がSave The Children を催したのに力を尽くしますニュースはイベントを出します。今年ブルガリの出すすべての新作の黒色の陶磁器が銀の扮するペンダントトップの価格によく合うのは710シンガポール・ドルです。

今回の設計の霊感はブランドのシンボル的だB.でから来たにから来ましたZero1指輪、 ブルガリは2009年にそして手を携える全世界の最大の保護が子供の権益の独立の国際慈善を提唱して組織を始めます――救助子供会、その大型の子供の教育プロジェクトの“未来を書き直す”を支持して、そして数年来で大きい金額の良いモデルを募集して子供に更に優良品質の教育を獲得させるの。現在この慈善プロジェクトはすでに4つの大陸の23の国家を覆いました。

Michel Anglade 行為 Save the Children アジア区の宣伝の責任者に位置して、長い間ブルガリの創立者の良好な関係、そしてとと一緒に慈善事業のために貢献をも作り出しています。このようにシンガポール現地の有名な役者の模範文の芳と楊だけではないのも今回のイベントに参与しました。

1人の有名な女優として、同時に1人の2歳の女の子の母で、楊は表して、私達が生まれる時、私達まで(に)一体どれだけの苦痛な苦難に耐えるでしょうかを予想する人がなくて、事実上人類の成長、赤ん坊から成人まで(に)この自身は1つの奇跡です。しかしよくこれは途中で私達だでマネージャーを要するのがたくさんで、あれらの成長する張での子供達を助けますのは。同時に彼女も信じて、このような生活の基本の求める保障に対して実は人権の保障について一つで、だから彼女も自分の全力を尽くしてブルガリとと一緒に共に支持しに来ます Save The Children この慈善のイベント。

当然で、出席するもう一つの母も自分の見方を表現しました。有名な役者の模範文の芳は母として感じて、私達の自身は子供を保護するな責任があって、助けの新生児の成長は必要な貢献をして、私もとても加入して着くことができるのに喜びます Save The Children このようなはひとつのこのように意味の組織の中があって来て、私が毎年約彼らの訪れた1日目で死ぬ1百万新生児がありを知る時に、私の比類がないのは驚かせます。この点は更にSave The Children のため私達をかたく信じました努力する原因をします。

ブルガリの“STC関心と愛のイベント”はこれまでその足どりに止まっていないで、全世界の子供が1つの弱者層としてで切実な必要な多すぎる助け。生活環境の各種の不利な原因は多くの子供健康な成長、資源の不足するのにその他の生存環境の悪循環がすべてこれらの子供達を仕方がなくさせると正常な人とように成長するように教育して、自分の願望を実現します。これらの弱小の子供を救うため、ブルガリのブランドは1度を始めて慈善を名の実際のお金の行動にして、収益を販売する中から一部を取り出してこれらの子供に寄贈しに来ます。ブランドは実はもっと前に2009年からだから名義は指輪を出して、しかる後続々ともっと多い新型にその中に参加するようにもあって、2014年に新作のペンダントトップを出しました。



前ページ: 柏拉維SCUBATEC 腕時計は見得を切ます
次ページ: 時計の文字盤の技術は新しい領域を開拓します