ホーム >>時計の文字盤の技術は新しい領域を開拓します
時計の文字盤の技術は新しい領域を開拓します

1つのシリーズで同じく属しますが、しかし真珠や宝石に比べて言って、腕時計は技術の方面にもっと多い変化と細部があります。時計の文字盤が超縮小化の画布のようだと言う人がいて、上で絵のは容易なことができて、しかし面白い霊感の源あるいはシリーズのテーマがあったため、たくさんのブランドはすべて平方寸のブランドスーパーコピー時計の文字盤上“命題が絵を描く”に挑戦したくて、十分に自分の時計の文字盤の装飾の技術上のを発揮して運用して研究して、同時に溶け込んでこのシリーズの真珠や宝石の設計したのが派生するについて広げて、このシリーズをもっと見事な場面が続出させます。

その中の最も有名なChaumetの“ネットは私に住みます…もしあなたは私”シリーズの“自然とテーマ”の貴重な腕時計が好きで、ほとんど一モデルごとにすべてたくさん独占的な時計の文字盤に使って技術を飾って、“ハチのチョウの劇の英”はよく動くミツバチとチョウを緑鮮やかな玉髄の時計の文字盤の上で飛び舞わせて、緑の玉髄の時計の文字盤はきわめてもろくて弱くて、力度が少し大きくて割れて、その上で象眼する百粒近くの明るい式の切断するダイヤモンド、とりわけ表を作成する技と力を試します。真珠の雌の貝は微彫技術でチョウの細かくて薄くて、本物そっくりな両翼に変化します。“色彩の蝶蝶の花への恋”のモデルは白色の真珠のバイモのエナメルを加える技術を採用して製造します。“アシの茂みの虫が吟じる”は稀少な材質の協力する多様な技術を使って、青の金の碾き臼を粉が真珠のバイモの時計の文字盤上空としてでまき散らしになって、ピンクの金で2種類の光沢加工の技術を結び付けてアシ部分を作って、類の立体の効果に彫刻・塑像を作って人にまるでアシが風向き次第で揺らめいていなければならないをの見させました。デザイナーは常規を突破して、豊富な想像力に頼って1全部の塊のプラチナの時計スーパーコピー金を使って、その硫化化学の効果を通して、不規則な波紋の効果を作りだします。“チョウの休息する軽いダンス”のモデルは創造的に特殊な材木を使って時計の文字盤を作りに来ます。

古代インドのグラムの上品な宝の星座のシリーズ、真珠や宝石だけではないがの精巧で美しくて、Lady Arpels Zodiac星座の腕時計は更に多くの項目の技術技術に解け合います。時計の文字盤ごとに皆扮してそれぞれ表土、水、風、怒る4種類の元素のテーマの背景に代わりがいます。時計の文字盤は繰り返し重層の透明なエナメルを塗りつけるに、彩りの転々とする微妙な効果を創建し営みます。入念に繁雑なのは技術を象眼して時計の文字盤のためにある程度の立体の質感を加えます。精密な金の彫刻、で宝石の象眼する人物を彫り刻むのがおよび、生き生きとしています。人を魅惑する星回りの世界が更に扮して繁雑な細部があります:透明ではないエナメル、宝石は派手なの、をはめ込んで黄色あるいは白色の米で象眼する点々の星明かりをあけて、特にバラの形はダイヤモンドの顔を切断してと日のサソリの形態のオパールをスケッチします。腕時計の車台は同時に星座の図案を彫り刻んで、計略のために詩情の印に下へアイロン(こて)をあてます。

2018日本スーパーコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: ブルガリはシンガポールでSave The Children を催します記者会見
次ページ: ブレゲのクラシックのシリーズの7787月相の腕時計