ホーム >>時計業は制造業から文化産業のチョウまで(に)変わります
時計業は制造業から文化産業のチョウまで(に)変わります

長い10年、また後ほど第10期の中国(深セン)の国際文化産業が交易会を広く読みあさりを見て、今年は1つのよく見通しがつく新しい元素に明らかに多くなって、それはつまり時計業聚集区――光明の新区の時計の文化の産業園が文博会の特定項目イベント分会点になって全体が加入するのを実現します。“代表性の伝統を高く備えるとして産業を製造して、中国の時計の産業は文化のアイデアの領域に向ってアップグレードするのを始めて、このようなチョウが変わって人に中国まで(に)どうしても業を表して表す市場を輸入するのに対して挑戦するのを連想しなければなりません。”今回のイベントの特別ゲスト、スイスの有名な腕時計のブランドの仏陀の明るい戈(Flanko)の中国区のマーケティングの総監督の許暁雄として表示を分析します。

聞くところによると、深センは全世界の最も主要な時計の生産と配套基地で、全世界の時計の生産高の近い半分を占めて、亜達して、ロッシーニ、天王、が波、ルノーなどの国内の有名なブランドに従いを飛びに集まりました。しかし、世界の時計の産業チェーンから見に来て、深センは全部更には中国の時計の産業は中下層があって、あまねく“規模が存在するのが小さくて、管理水準が低くて、利潤が薄くて、ハイエンドのブランドの”のボトルネックの現状がなくて、自主的に革新、産業革新はモデルチェンジして国産の時計の企業の当面の急務になります。

このにかんがみて、多くの時計の企業は大きくして強い自主的にするブランドをするのに力を入れるのを始めて、製品の技術価値、品質のが持つに上がって懸命に努力する以外、国産のブランドはまた(まだ)製品の文化の内包と体験で時間を上り下りします。一つの腕時計の企業の先輩の従業員は更に玄妙な道理を喝破します:“文化の、世界のです――国産の腕時計は品質に欠けていないで、欠けるの文化です。”これらは来て、多くの企業の確かに積極的な“歩いて出て行く”、瑞係、独係と日系の腕時計の学習に“腕時計の文化”をします。

ごく短い2年余りですぐ中国大陸で迅速に体系とアフターサービスの体系のスイスの仏陀の明るい戈(Flanko)のブランドの腕時計を売ってすでに国産の表を作成する商達の“模倣主義”の学ぶ手本になりに分けるのを改善するのを作り上げます。このヨーロッパの有名な腕時計のブランドがそれに頼って“スイスのクラシックを伝承して、品位の人生の”のブランドの理念が中ハイエンド愛時計族の心に深く入り込みを明らかに示して、今のところ業の内でしっかり“腕時計の技術のシンボル”の表を作成するイメージを確立し始めます。今回のイベントも例外でなくて、文博会組織委員会時計分会は特にスイスの仏陀の明るい戈のブランドに国内のいくつかの大きい主流の時計のブランドに参与して理念を革新してどのようにと時計設計中で中国の元素の探求と交流を溶け込むように招待します。

スイスの仏陀の明るい戈は今回のイベントの中で、特に所属のクラシックのシリーズ、金の爵のシリーズ、エクスプローラーのシリーズ、風向きを見るシリーズの何モデルにブランドの代表性の製品を高く備えて展示してそして製品の設計の理念と文化の内包について模範を与えたように選び取りました。

“歩いて出て行く”と“模倣主義”の2重が力を出す下に、国内の時計の産業が文化のアイデアと深さ解け合っていて、お互いに促進して、1条が文化で在来の産業に協力してモデルチェンジしてアップグレードする“チョウが変わる”新しい方法に発展するのを出て行く見込みがあって、更に国産の時計の産業の影響力を高めます。



前ページ: 柏莱士BR02-92シリーズBR02-92 PRO DIAL腕時計
次ページ: ブランドの250周年のBuccellati全く新しいAnthochronシリーズの腕時計