ホーム >>ランゲ時計工場の旅のドレスデンのあこがれ
ランゲ時計工場の旅のドレスデンのあこがれ

第20期のサッカー・ワールドカップの間もなく幕が下りるでしょうその週で、私がそれに来て私がなしの数回のドイツ都市Dresden(ドレスデン)にあこがれてことがあって、私はまた(まだ)私が初めてこの都市の名前が2002年にを知っているのを覚えていて、それ1年、大衆グループの新しく出すトップクラスの車のモデルPhaeton(フェートン)は初めて北京のモーターショーの上で見得を切て、その時この車はまだ中国語の名前がなくて、だから私はその第1の印象もただこのパサートがとても特別だと感じるのを見て、それからテレビがやっと知っているのを見るを通じて(通って)、もとはこの車とアウディA8は1つのランクので、もっと肝心なのはこの車がドイツがひとつのドレスデン都市中の1つの透明工場の中で生産したので、1つのその時のすべての地理(学)の知識のhttp://www.osaka2020.com/sakura_news.aspすべて教科書の中から得る高校生にとって知っていて、ドレスデンのこの異国風できざな名前はきっとしかも目新しく特別でで、たちまちこの都市に対して言い表せないあこがれが発生しました。

もし前のあこがれは言い表せないのがかすかででしたら、そんなにその後のあこがれはだんだんはっきりしていて、自動車の知識の理解したのが絶えず深いに対して私に従って、偶然1篇まで見て自動車と腕時計の文章に関して述べて、私の中から驚いて不思議がる発見、いくつかトップクラスの腕時計はなんと売ってロールスロイスの更に高い価格に比べて着くことができて、これは一体一体どうして?1つの好奇心について自動車の異常のおぼれるおひつじ座人にとってこの問題非常に強いをの知っていてしかも、その誘惑力はきっと前例のなくて巨大だです。あの時からで、この私の人生の中で直面する1つ目を研究するために私個人が大学入試の更に重大な(肝心なのが大学入試より面白いN倍だ)の課題に比べて思うで、私は有限だの力とを親切に無限な時計の世界中に、あの1年の私の18歳に投じます。

厳格だしかも科学的な態度に基づいて、いかなる1つの課題のすべて重んじる個を研究してとことん追求して溯って、自動車と腕時計これ2つについて血筋に対してきわめて重視する領域更にこのように、自動車は間違いなく先にドイツの車を研究するので、時計が自然なののが先にスイスを研究して表すので、研究したのが絶えず深いのに従って、私も次第に1つの問題を発見して、トップクラスのスイスの腕時計は加工の精度でやはり(それとも)磨き上げていて技術の上で確かに言ったのが上1分のすきもないのであることができるななのにも関わらず、つまりスイスたとえしたのを表すことができるのがまた精密ですとしても、あるもの甚だしきに至ってはすでに芸術品の境界に達して、しかしそれも結局のところ1部が機械的であるで、だからこれで1つの矛盾した論理が現れて、機械製造を議論して、ドイツはきっと王者の中の王者で、私達は第二次世界戦争の時知っていて、ドイツの戦機のエンジンはBMWので、戦車はポルシェので、軍事用の車両は疾走したので、大砲さえティッセン・クルップので、言うことができるのは機械と少しのリシャールミルコピー辺にくっついたのだでさえあれば、ドイツほど人造でなくて出て来ないで、しかしどうして腕時計に着いてここが困りましたか?まさかドイツ人が体積の小さいものをつくることはできないと言うのですか?

常識から言えば、自動車のエンジンと腕時計を製造するチップの間を製造するのはいかなる比較性がないので、これが2セットの全く異なる工業の標準ため、しかし私は観察の発見を経て、この高くて精密なデジタル制御装置の一統の制造業の天下の年代で、ドイツのいくつかトップクラスの自動車のエンジン、そのピストン、クランク・シャフト、かめの体は機能性が磨き上げる方面にとトップクラスの腕時計のチップは実は似たり寄ったりでで、あなたはピストンの上でジュネーブの縞模様を見たことがあり得ないが、しかしその表面のが針金をつくってへりの機械的な面取りを磨き上げるのをおよび、見ることができて、たとえこれらが磨き上げるとしてものが腕時計のチップがするように精密なことがあり得なくて、更におそらく手作業でないの、しかし少なくともチップの部品にも達して装飾性を行っていて磨き上げる前の状態。自動車のエンジンの体積腕時計のチップに比べて大きくなって無数な倍、しかし二者の部品の隙間はすぐそれでは百点の何ミリメートルだけ足りなくて、まさか本当この百分の数ミリメートルはドイツ人を困って倒しましたか?

最後にこれらの問題は2004年に首尾良い解答を得て、2004年にスイスの高級な時計が中国の発展で一里塚の意味の1年があると言うことができるについて、正にそれ1年にで、Richemont(峰を経過する)のグループが所属の10の時計のブランドを携えて太廟の催し史の上で第1期のWatch&Wonder時計の奇跡が峰の時計展を経過して、これらの展示に参加したブランドの中で、1つの比較的よく知らないドイツの時計のブランドはみんなの注意を引き起こして、すべての人がすべてこのブランドに対して満たすのが好奇心がある時、それはすでにこっそりと正式に中国市場に入って、それはですA. Lange & Söhne(ランゲ)。

2018日本スーパーコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: ブランパンと蘭博基尼は震動して世協力します
次ページ: HOYA CALIBRE 12CAW2114.FT6021腕時計