ホーム >>盛んな刺し縫いする海に関して
盛んな刺し縫いする海に関して

盛んな刺し縫いする海は1860年にフィレンツェの創立で、もとは時計工場、商店と時計製作学校として、数年間イタリア海軍のために精密で正確な器具を供給して、特に海底ダイビング兵団の需要のために製品を設計します。その時開発したプロジェクト─はLuminorとRadiomir腕時計─が数年間皆軍事の機密の保護を受けるのを含んで、ブランドに至って1997年に暦峰グループに買い付けられる、これらの腕時計がやっと国際市場で上で出します。

今日、沛納海時計工場はあってNeuchatel生産もと工場で腕時計とチップを自製して、全身でイタリアの設計と歴史とスイスの専門の生産技術に集まります。盛んな刺し縫いする海の腕時計の世界各地で指定した授権の販売店と沛納海専売店は売りがいます。



前ページ: 学問には終点がないランゲ制表学校の卒業生は証明書を受け取ります
次ページ: ルイ・ヴィトンの全く新しいTambour両時間単位の計算は時計を積み重ねます