ホーム >>ドイツの悠久の表を作成する歴史を振りかえります
ドイツの悠久の表を作成する歴史を振りかえります

多くの人の心の中で、ドイツが表して表すのがそんなに根強いスイスがないが、同様に悠久の表を作成する歴史を持っています。ドイツの表を作成する史は15世紀までさかのぼって、その時ニュルンベルクの錠前を作る職人Peter Henleinは世界で第1匹の懐中時計を造り出して、16世紀のドイツの表を作成する工業に着いて盛んに発展することを始めて、あの時の薩克森王国の豊かな鉱物十分に利用するに、財力に集まってドレスデンで強力に自然科学と時計業に発展します。1778年に始まって、ドレスデンは1つの技術の人材に集まるシャロンを創立して、古いKeyes(Gutkaes)は特にシャロンの中の第1位の表を作成する師で、こちらが尊敬する皇室宮廷の表を作成する師を受けるのはドイツの表を作成する業に対して絶対に影響がはかり知れないので、ドイツの表を作成する業の大黒柱はなんじのディナンのFerdinand AdolphLangeがかかっておよび同様に格拉蘇蒂の時計業の大家のMoritz GrossmannとAdolf Schneiderに耐えてすべて彼で教えられのでことがあって、Keyesは古く特に弟子に世界各地に着いて旅行するように励まして、薩克森の外の表を作成する業を理解するのに行って、ランゲは1837―1841年に先進表を作成する技能を習って、ドイツの今後の表を作成する業ために重大な貢献をしました。1845年、ドイツは第1時計算して労働者の坊を作って格拉蘇蒂で創立します。19世紀、このところは優良品質の華麗な時間単位の計算の道具評判を生産する盛り上って、各類の派手で華麗な懐中時計、時間単位の計算の道具はすべて格拉蘇蒂から各地に売ります。しかし、第二次世界戦争の到来はドイツの腕時計の史を重大な転換点が現れさせて、このかつての制表要衝は戦火が重傷を負わせるのを被るため、たくさん光り輝いてことがあり時計の文字盤の上の名前もそのためで次第に暗くて、第二次世界戦争の中ドイツで表を作成する業は壊滅的な打撃を受けたけれども、しかし粘り強い日耳曼民族は最後に表を作成して血筋保存してでしょう。戦後、格拉蘇蒂は東ドイツに属して、その時の与党は残るでしょう7社の時計工場に1社の国営企業を合併するのを命令を下して、その後の40年、表を作成する業はずっと不景気で、東西ドイツが統一した後にまで、このような状況はやっと変化が発生します。1990年、格拉蘇蒂小鎮は3つの独係の腕時計の代表のブランドが現れて、今のところの私達のたいへん熟知したランゲ、格拉蘇蒂とNomosで、このいくつ(か)の大きいブランドは独係の腕時計の魂が象徴すると言うことができます。



前ページ: 「独自の匠新」スイスアテネ表2014中国巡回展覧瀋陽駅
次ページ: 死のイメージを製造しRomain Jeromeスカル腕時計