ホーム >>第6期のロンドンSalonQP時計展の間もなく華麗な開会
第6期のロンドンSalonQP時計展の間もなく華麗な開会

は2014年に11月6日~8日、第6期のSalonQP時計展はロンドンの薩奇の画廊(Saatchi Gallery)の華麗な開会にあります。各種の腕時計のブランドは一斉に1回集まりを、共に襄の盛大な事、名声があるつぼみの蒙威、HOYAと本当の力の時から高速の発展する小さい規模まで(に)単独で表を作成するブランドHYTとUrwerk。展示する腕時計が風格がまるで異なって、歴史のクラシックのデザインがあって、また大胆なハーフバックの設計があって、イベントに参加する腕時計の収集家と愛好者は表を作成する業のきんでている業績を見るとを。

訪ねる観光客まで(に)真っ先に先週ジュネーブの高級な時計の大きい賞が受賞する時計算する技術の米を味わう機会があるでしょう、同時に今期のSalonQP時計展でさらにイギリス現地のいくつかの盛んに発展するマイノリティーのブランドの影に会って、甚だしきに至っては2つの全く新しい腕時計のブランドの誕生を目撃証言します。

それ以外に、今期のSalonQP時計展はまた(まだ)腕時計の愛好者のために内容が豊富な講座を開いて、異なるテーマのシンポジウムを催して、“戦争と腕時計”(WarsandWatches)と“どのように創立の1つの腕時計のブランド”(Howto Start a Watch Brand)に似ています。居住地がそこの遠くない腕時計の愛好者からにとって、薩奇の画廊は必ずの所へ今週末のであるでしょう。



前ページ: いつあなたに合うロジャー杜彼方Hommageシリーズ購入ガイド
次ページ: F.P.Journe Éléganteは2014年度のレディースファッションを光栄にも担当して表します