ホーム >>Patek Philippe(パテック・フィリップ)の5130の円形は殻を表
Patek Philippe(パテック・フィリップ)の5130の円形は殻を表

Patek Philippe(パテック・フィリップ)の5130の円形は殻を表して18Kプラチナで製造して、直径はもとの37ミリメートルから39.5ミリメートルまで増加して、はっきりしてい読みやすくて、時計の文字盤センターは斬新なguilloché朝日の形の模様で扮して、環状のポインターはとりわけ人目を引いて、歴史的意味があるパテック・フィリップのワールドタイムの腕時計を追憶しました。複雑な自動上條の240HUチップを採用したけれども、この表した使用方法はきわめて簡便です。時計の文字盤センターの時計の針と分針は現地時間を表示して、その他2つの回転する円盤をめぐっています。外皿の上で表示して24基の都市の名称、それぞれ代表の24の標準時区があります。回転したの内皿の上でに逆らって、一部24時間の目盛りの小屋のためことができます、そして暗黒の弧段と月で標記してやみ夜の時間表示して、明るい弧段と太陽は標記して白昼時間を表示します。http://www.osaka2020.com/

数回は10時の位置の押しボタンを押さえつけるのでさえすれ(あれ)ば、目的地の標準時区の代表の都市の名称に至るのが12時の位置の赤色の矢じりと合わせる良いです。毎回押しボタンを押さえつけて、現地時間の時計の針すべて時計の針の前でに沿って1時間移すでしょうを表示して、24時間の目盛り皿と都市の名称皿は時計の針と逆回りは1つの間隔を移動します。チップの内が装置につながるのが異常で精密で柔軟なため、標準時区間の時間調整するのは分針の持続的に精確な運行に対して少しもいかなる影響がありません。



前ページ: 中国の赤い漆工芸伝承名士約束シリーズ腕時計新商品発表会
次ページ: Hora Mundi時計の文字盤の上で異なる標準時区の都市の名称の輪24時間の輪を表