ホーム >>一線ブランド腕時計は毎年15%上昇、镶钻表投資価値の低い
一線ブランド腕時計は毎年15%上昇、镶钻表投資価値の低い

五年前、陳さんろく万元で買ったひとつの中古ラング腕時計、かけた二年後、ななしち万元の価格を譲渡する。今たとえ彼がじゅうななじゅうしち万円と高価で、その時計を買っても帰らない、表ファン陳さん「悔靑腸」。

一年の時計、1枚の時計、1年の時計をつけて、かえってもっと高価で、これは人騒がせ。記者は知って、外来マネーは武漢中古市場に入って時計を推進する中古時計の価格高騰し、投資家の中で、半分から北京、上海などで。

一筋のブランドの腕時計は毎年の切り上げ

100元の上海の腕時計を買ってから、仕事から30年ずっと腕時計をかけている。」陳さんはシニア表のファンとして、現在すでに十数項収蔵世界時計、なかでもラング、オーデマピゲ、オメガなどのブランド時計。彼は、自分は毎年三回出国、主にドイツ、スイスなどヨーロッパ国を腕時計、時にはまた香港へ行くなどいくつかの時計オークションに参加して。

しかし、陳さんはずっと自分だけを強調し、「単純にウォッチコレクション」、「売っても売れない、しないで帰ってきた。」

これに対し、彼は瀋痛な「教訓を持っていた」。2008年、陳さんに花ろく万元で買った1項の中古ラング腕時計、かけた2年後、2010年に彼はななしち万元の価格を譲渡する。今年、陳さんはそれを買って帰って、しかし殘念なのは、たとえ咲いじゅうななじゅうしち万元の高値も買わずに帰ってきて、「2011年の時、じゅう万元も買える、あまり後悔した。」



前ページ: モリッツ・グロスマン あるマイスター時計師が語る半生とグラスヒュッテ高級時計産業
次ページ: スイスブランドCandino参加第24回深セン時計展