ホーム >>腕時計業界の三国混戦:ドイツ、日本、スイス
腕時計業界の三国混戦:ドイツ、日本、スイス

良い腕時計はすべてスイスに由来しているか?答えはもう一つじゃない。スイス製表は地位が崇高で、しかしその後ろの追っ手の勢いが盛んで、特にドイツ、日本は先に。この二つの新参者、立脚して伝統的な、未来を繋がり、それらの進行は1本とスイスタブが違いの道が、地道に動かしたスイスタブ秀でている局面。

製表の歴史から言えば

時計の製作の歴史を、スイスはさきがけではない。最初のころは、英仏ふさわしい時計メーカーの大国で、彼らの作った様々な置き時計置き時計、ヨーロッパを風靡して、甚だしきに至ってはアジアの各皇室にも伝わった。今は故宮時計館に展示されている、ほとんど英法メーカーの手で。

しかし、ヨーロッパの革命の波と戦乱に揺れ動いて、多くの時計職人入居スイス転々として、ここは戦乱に離れ、またヨーロッパセンター、物資が豊富で、売れ行きがスムーズに。これからも、スイスヨーロッパから世界時計製造業を中心に、静かに温和な国の特性でこんな繁栄続きだった、中断。

ドイツはもう一方の光景だ。世界の第1枚の懐中時計によるドイツ、じゅうご世紀にドイツのタブ業は盛んに発展して、じゅうく世紀、ドレスデン省のゲーラ苏蒂町より全世界に1つの重要なタブ領域。しかし槿花一日の栄、第二次世界大戦の烽火を這段輝かしい歴史生掐断、ドレスデン重傷を負わせられ、精密スーパーコピー時計製造ほとんどなくなってしまう。ベルリンの壁が崩壊した後、やっと回復し、栄光を再現する。スイスタブにドイツタブの態度は包容を認めて、結局同源ヨーロッパ、価値観ではほぼ一緻した。



前ページ: バレンタインデー、ロジャーは王者シリーズのカップルの腕時計を推薦して
次ページ: 帕玛ジョニーParmigiani、モントルージャズフェスティバルを初回限定版の腕時計