ホーム >>時計の産業、もっと知的財産権保護を行う必要があり
時計の産業、もっと知的財産権保護を行う必要があり

市場を資源配分に決定的な役割を果たすと良い作用を発揮する政府はこの両者の間、曾子曰:あなたとのは君だとおもいますか。

昨日、工信部など4部門の推進を加速するよう、わが国の時計自主ブランド建設。2020年までに、形成ごぐらい国際的に有名なブランドは、にじゅうぐらい国内の有名なブランドと2~3軒の技術の先進、特色顕著、知名度の高い経済効率と着実な成長の大時計企業グループ。

ひとつあって完全な競争環境と国内外市場の開放の環境の下の産業、ひとつはあまりにかかわる国の経済と人民の生活の消費市場向け端末の産業は、政府の支援に利誘を確定しますか?

4部門の理由は、「スーパーコピー時計N級業界は高精密機械と情報技術を組み合わせた先進的製造業」。言葉はとても魅力的で、しかし政府は産業の成績がどのようにすることを支えて、しかし、政府は産業の成績表を支えて。

先進生産能力の代表の光伏の業は、過去数年との遭遇を生き生きと解釈した“政府の手」をどのように助けになって妨害と歪んだから。太陽光を含めた多くの産業を含む、いったん登載産業優先目録、地方政府が、金に政策に蛇を飲み込むようにしよう、企業規模、最後に何年ぐらい、光栄に過剰生産能力行列、一面に被災者。

たとえば、伝統的な生産能力の代表鉄鋼業、5年前に導入した各種大きくして強いの合併再編計画、励まし、きちんと国際の三大鉱商ばいばい腕が、結果があっという間に市場、鋼鉄市場の需給バランスは深刻な、鉄鋼産業は大して強いの質問どのように冬の問題ではなくて。当初の計画はないといけないと字の心血、どう変化に間に合わないと計画する、手にはいつも常態。



前ページ: ポルシェ発表の最新のリンゴの時計app
次ページ: スイスの時計メーカーの結団、スマートの時計