ホーム >>1815 クロノグラフに新モデル、A.ランゲ&ゾーネ
1815 クロノグラフに新モデル、A.ランゲ&ゾーネ

2004年に1815シリーズに加わった1815クロノグラフは、先進的な技術と昔ながらのデザイン が理想的な形で融合した時計。線路をイメージしたレイルウェイモチーフの分目盛りがダ イヤルをぐるりと巡り、ダイヤル左側にスモールセコンド、右側に30分積算計を対称に配置 したデザインは、A.ランゲ&ゾーネがかつて製作した懐中時計を彷彿とさせる。これらの伝統要素は、視覚的にも時計の外観に調和美を添えてる。


 1815クロノグラフのパワーリザーブ60時間を誇るキャリバーは 2010年に開発されたもので、 自社製のフリースプラング式ヒゲゼンマイが組み込まれている。このヒゲゼンマイと偏心錘 付きテンプの精緻な協調により、安定した歩度を維持。テンプは毎時 18,000 回、すなわ ち2.5ヘルツで振動し、5分の1秒単位の精度でタイムを計測する。新1815クロノグラフで も、スーパーコピー時計直径 39.5 ミリのホワイトゴールド製ケースの中でキャリバーL951.5 が時を刻む。


■華麗な装飾仕上げが随所に


 1999 年にストップウォッチ機能搭載モデルを発表して以 来、A.ランゲ&ゾーネは、他のランゲウォッチと同様、クロノグラフモデルにもサファイアクリスタルのシー スルーバックを採用。華麗な装飾仕上げが随所に施されたクロノグラフムーブメントが見える。クロノグラフ機構の複雑な動きを観察できるように、視線を遮らない構造に作り上げた。そのおかげで、クロノグラフ機能を制御するコラムホイール、 フライバック機構のレバー、そしてプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを動かすカタツムリ形カムの動きが手に取るように分かる。これらの部品は、脱進機にも視線が届 くように考慮して配置されており、そこには、ランゲウォッチの証しとも言えるハンドエングレービング入りテンプ受けに取り付けられたスワンネック形バネで保持されている微調整可能なビートエラー補正装置が覗く。


 ホワイトゴールドのケース、ブラックのダイヤル、 そして脈拍計測用目盛りが見事に調和した今回の新モデルは、白と黒という対照的なカラーコン ビネーションの1815クロノグラフに、ブラックのアリゲータレザーベルトとホワイト ゴールド無垢のランゲ特製ピンバックルを組み合わせ、精悍さが際立つ外観に仕上げた。



前ページ: NFCできること---ブルガリ貼って済ませてDiagono Magnesium概念知能の腕時計
次ページ: 「オメガ」スピードマスター60周年記念イベント、都内で開催