ホーム >>「オメガ」スピードマスター60周年記念イベント、都内で開催
「オメガ」スピードマスター60周年記念イベント、都内で開催

【6月13日 MODE PRESS WATCH】「オメガ(OMEGA)」を代表するコレクション「スピー ドマスター」が、60周年を迎えた。これを記念して、都内で6日、“Lost in Space”と 名付けられたイベントが開催され、大勢のゲストがお祝いに駆けつけた。


 スピードマスターの最も有名なエピソードは、1969 年 アポロ 11 号計画の人類初の月面着陸。ニール・アームストロング(Neil Armstrong)に続いてバズ・オルドリン(Buzz Aldrin)が月面に 着陸したその瞬間、スピードマスターは月面で時を刻んだ世界初の時計となった。


■「銀河 鉄道 999」とのコラボレーションモデルも展示


 記念イベントが開催された夜、宇宙を感じさせるような幻想的な空間に仕上げられた会場には、1957 年に発表されたスピードマスターのファーストモデルをはじめ、このタイムピースがたどってきた歴史を語る上で欠かせない14本のヴィンテージモデルが並んだ。


 その中には、2000 年にブランド時計コピー日本限定 1999 本で発売された漫画家・松本零士(Reiji Matsumoto)氏の代表的作品「銀河 鉄道 999」とのコラボレーションモデルもディスプレイされた。


 オメガ社のインターナショナル ブランド ヘリテージ マネー ジャー 兼 オメガ ミュージアム館⻑のペトロス・プロトパパス(Petros Protopapas)が、来場したゲストにスピードマスターの 軌跡を語るその横には、7 月発売予定の「スピードマスター 38mm」や「スピードマスター レーシング マスター クロノメーター」などの新作も展示し、このコレクションの歩みと進化を一堂に鑑賞できる機会となった。



前ページ: 1815 クロノグラフに新モデル、A.ランゲ&ゾーネ
次ページ: 「シチズン」ブランド初のトゥ―ルビヨン搭載、大丸松坂屋百貨店の記念モデル