ホーム >>「シチズン」ブランド初のトゥ―ルビヨン搭載、大丸松坂屋百貨店の記念モデル
「シチズン」ブランド初のトゥ―ルビヨン搭載、大丸松坂屋百貨店の記念モデル

「シチズン(CITIZEN)」は、シチズン ブランドでは初となるトゥ―ルビヨンを搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨンY01」を6月に発売する。大丸創業300周年を祝い、大丸松坂屋百貨店の記念モデルとして展開する。予定価格は1,000万円、数量限定2本での販売を予定している。


 300年という“時間の美しさ”を振り返り、時間や歴史が育んできた価値を“新しい価値”としてリメイク(再創造)していくという大丸のメッセージにふさわしいモデルとして、マニファクチュールを体現すると共に、時計の原点となる機械式に着目。トゥ―ルビヨンを備えた機械式ムーブメントを新たに自社で設計し、マニュファクチュールだからこそ成し得るムーブメントを作り上げた。キャリッジは、軽量化を目的としてチタン合金を採用。また巻き上げの持続時間は約100時間で、単に長時間駆動させるためだけではなく、一日の精度を維持するために考えられたもの。“時計との対話を楽しんで欲しい”という想いを込めて、平凡な機械と技術で、そして何より“永く寄り添うこと”を目指して作られている。


 デザインのテーマは「心地よさ」。ウブロコピー文字板と針、ケースライン、りゅうずのエッジ、トゥ―ルビヨンなどをモノトーンのコントラストで仕上げた装いは、モダンな都市“TOKYO”の和の表情を表現している。ホワイトカラーの文字板は七宝焼きで作られており、ケースと裏蓋はk18ホワイトゴールド製。シースルーバックから鑑賞のできる情景は、受にコートドジュネーブを縦方向に施すことで、木々が浴びる“喜雨”を表現し、まるで浮世絵の様な水辺の情景を表している。ケースの肌触り、りゅうずを巻く感触や音、時間の表示に、いつもと少しだけ異なる技能と感性が追加された機械式腕時計だ。



前ページ: 「オメガ」スピードマスター60周年記念イベント、都内で開催
次ページ: ブランド誕生30周年、「シチズン アテッサ」から数量限定3モデル登場