ホーム >>ヴァシュロン・コンスタンタン往年の名作、スモールサイズでよみがえる
ヴァシュロン・コンスタンタン往年の名作、スモールサイズでよみがえる

今も多くの愛好家を魅了し続ける、ヴァシュロン・コンスタンタンのタイムピース「ヒストリーク・アメリカン 1921」が今冬、スモールモデルでよみがえる。


 自動車のハンドルを握ったまま、あるいはスピーチの最中でも、手首をひねらずに時刻が読み取れる時計。1920年代、ヴァシュロン・コンスタンタンが斜めにセットされた文字盤を考案したのは、自動車に情熱を傾けるアメリカ人顧客の要望に応えるためであった。


 このユニークなデザインが、今回はケース径を36.5mmにダウンサイジングしながら忠実に再現された。大胆なデザインに対して、控えめな気品を演出するアラビア数字とミニッツトラック、18Kゴールドを黒く酸化させた細身のブレゲ針など、その印象を和らげる要素が、奇抜な個性と優雅さを両立させている。

2018日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: スーパーコピー腕時計コルム「アドミラル」が日本限定モデルで復刻
次ページ: ジラール・ペルゴのレディスウォッチコレクションに新作2点が仲間入り