ホーム >>ブランド時計コピーアテッサ30周年を祝う3つの数量限定モデル
ブランド時計コピーアテッサ30周年を祝う3つの数量限定モデル

当時まだ珍しかったチタン製ケースとブレスレットを備えたモデルとして「シチズン アテッサ」がデビューしたのは1987年のことだ。その後、採用されるチタンは表面硬化技術を施された「スーパーチタニウム™」へと改良され、ムーブメントも光発電で駆動する「エコ・ドライブ」が搭載されるようになるなど、シチズン時計はアテッサに対し、惜しみなく技術投入を続けてきた。


 そして、その誕生から30周年を迎えた今年、同社は「30周年記念数量限定モデル」をリリース。5月に発表された第1弾に続き、11月9日に第2弾が発売されることになった。


 11月に発売される「30周年記念数量限定モデル」は「エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F900」「エコ・ドライブ電波時計 H800」「エコ・ドライブ電波時計 H149」の3本で構成される。F900はアテッサの最上位モデルで、GPS衛星電波を、時刻情報のみの受信では世界最速の“最短3秒”で受信する(多機能の光発電GPS衛星電波時計スーパーコピー時計として。2017年9月シチズン時計調べ)。残る2本は、リュウズの操作のみで世界26都市の時刻とカレンダーを選択、表示できるダイレクトフライト機能を搭載したH800と、世界4エリア(日中米欧)の標準電波受信機能を備えたH149。いずれもGMT機能を持ったモデルながら、その方式や対応都市数が異なるため、自身の使い方に合った1本を選ぶことができる。


 いずれもケースとブレスレットには擦り傷に強いシチズン独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC」が施され、記念モデルの証しとして時分以外の針がオレンジ色に塗装されており、裏蓋中央には30周年マークが明示されている。



前ページ: ジラール・ペルゴのレディスウォッチコレクションに新作2点が仲間入り
次ページ: モーリス・ラクロア限定ブロンズケース「ブロンズアイコン」9月発売