ホーム >>日本の時計は武漢で専門店を開設する
日本の時計は武漢で専門店を開設する

外国メディアによると、日本の時計専門店The Clo砲Houseは、最も早く12月中旬に中国で最初の店を開設することになり、同社の初の海外店となる。この専門店は、日本製の時計を多く用意し、丁寧な日本式サービスで客を接待する。日本の人口減少の背景の下で、ザックハウスは中産層が顕著に増加した中国市場を開拓し、中長期の業務を拡大することを望んでいる。

「日本経済新聞」のウェブサイトが9月25日、中国の武漢の永続相場で店舗を開設すると報じた。1号店の面積は60㎡ぐらいです。日本のブランドの腕時計を中心に、西鉄城や精工(SEIKO)など、主に価格2万~3万円(約11 31~1697元)の商品を販売している。デパート内の他の高価な表とは異なる価格区間の商品を選んで、増加している中産層の需要をつかむことを目指しています。

中国市場は日本のブランドに対する需要が増えているといわれていますが、日本の時計を経営する店は少ないということです。特に1000元ぐらいの商品を経営する専門店はほとんどない。だからザックハウスでは、中国で店を開くことを決意した。このブルガリコピー専売店は、3年以内に武漢に少なくとも10店舗の店を開設する予定だ。他の地域での開店も検討しています。



前ページ: ウブロ主席:リンゴは私たちの相手ではありません。
次ページ: 神秘的な芸術の精製品、中国のエナメル時計