ホーム >>円形のスクリーンの知能の時計、いくらを売りますか?
円形のスクリーンの知能の時計、いくらを売りますか?

パネライコピー円形画面またはコストアップ

モト360は、最初に円形のスクリーンを採用したものではなく、モトローラがかつて発売したハイエンド携帯電話のAuraを覚えていますか?この豪華な機能機は現在市場でも保持者が8000元以上の価格を保持しているが、精巧な金属本体を除いて、円形のスクリーンは実際に高コストの原因になる。

また、スマートフォンにおいては、LGと東芝が円形スクリーンを発表しているが、画面に対する要求の厳しさ、例えば、特定のサイズを必要とし、タッチ機能を集積するなど、スクリーンメーカーが独自のサイズをカスタマイズするLCDパネルを必要とし、全体のコストを増やすことが明らかになった。

だから、モトローラにとっては、どのように定価になるかがポイントです。現在では、スマート時計の価格が300ドルでさらに低くなっていることを考慮して、この標準を上回る場合、マーケティングでは困難に遭遇する。では、モト360はいくら売っていますか。業界関係者は500ドルを超えると考えていますが、これは製造技術、配置が決定しました。

具体的な価格を問われると、モトローラは「価格は一定の競争力を持つ」という明確な答えを示していない。価格はどの何学になるかは、今年の夏モデル360の本格的な発売を待つしかない。



前ページ: Google、スマート腕時計領域、邁進
次ページ: Lous VuittonはEmRiseシリーズの腕時計を発売