ホーム >>日本の3大時計メーカー、高級腕時計を強力に発表
日本の3大時計メーカー、高級腕時計を強力に発表

西鉄城は2015年度(2016年3月まで)に史上最高の240億円の広告費を投入し、前年より約15 %増加し、5万円以上の中、高級腕時計の宣伝力を強化する。西鉄城は2014年11月にニューヨークで旗艦店を開設し、アメリカでテレビやアウトドア広告などを増やす計画だ。また、西鉄城は世界の空港でブランドイメージを統一することを宣伝している。

カシオは、2015年度(2016年3月まで)に腕時計事業に向けた広告宣伝や販促費が170億円前後になる見込みで、同10 %増加する見込みです。2015年末までには、グローバル空港や機内誌などで広告を入れ、高級ブランド「OST US」などの販売台数を拡大した。

精工ホールディングスは、ドイツのフランクフルトの専売店から、有名な写真家と提携し、海外の主要専門店で展示を行い、精工トップブランド「Grランドセコ」の知名度を高めたい。

以上のマーケティング手段を通じて、日本の3大時計メーカーが2015年度(2016年3月まで)の腕時計事業の増収を見込んでいる。パネライコピーの腕時計売上高は1850億円、同7 %増の見込み。このうち、腕時計事業の営業利益は、前年比7 %増の210億円と、2007年度(2008年3月時点)の212億円の利益の最高値を追った。精工の腕時計の売り上げは7 %増の1700億円と予想されている。カシオも同11 %増の1700億円となる。

当店のブライトリングコピー商品は、クオリティが高く、品質保証も2年です。



前ページ: ブレゲマリン5823限定時計、紹介!
次ページ: Apple腕時計、電子キーとして開くことができます。