ホーム >>時計業界、就職の見通しがよい
時計業界、就職の見通しがよい

上世紀90年代末から、スイスの時計業界はずっと喜んでいて、2008 - 2009年の経済危機の影響が遅くなりましたが、このような状況はどのくらい続いていないで、その後また着実に発展し始めました。人の面では、時計業もずっと賢明で、新しい人材が現れ、業界に新しい活力を注いでいます。

スイス時計産業用の報告書によると、2012年に比べて、2013年に比べてスイスの就職先は1.470個で2.6 %増加し、昨年末までに572社の合計57 , 286人が時計業に従事していたが、この数字は2010年は48 , 548人、2005年41 , 728人、2000年37 , 334と1987年の19 , 807人。

堅固な基礎

パネライコピー時計業は盛んな発展の兆しを見せて、ますます多くの若者がこの業界に従事することを引きつけて、これは1つの良い現象ですか?答えは当然だ。スイス製表の所有者協会の秘書長は、「5年ごとに時計業界について調査を行うことができます。これらの調査は業界の4十数個の問題をカバーし、調査した結論によって、我々が市場に対して全面的な理解を与えることができる」と述べました。調査の中から私たちは現在の主流の時計グループがすべて健全な財政の基礎を持っていることを発見して、少しも大げさに言うことができなくて、現在のスイスの時計業は良好で、しかもしっかりした基礎を持っています。これは新しい時計業界に入って訓練を行う学生の未来も美しいということを意味します。これは根拠のない自信ではなく、08年から09年までの時計業界の危機に対する対処が見れる。

当店のブライトリングコピー商品は、クオリティが高く、品質保証も2年です。



前ページ: 瑞蘭仕、専属女性の豪華な腕時計
次ページ: ゲーラソディ、オリジナルのロマンチックな結婚式の腕時計、紹介